相続・遺言書作成の相談なら

海老名相続遺言サポートセンター  
運営:佐藤勇城司法書士事務所

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南1丁目2番16-304号
<小田急線・相鉄線海老名駅から徒歩6分

受付時間
9:00~18:00
 定休日  
土日祝は要相談

初回相談無料!

046-292-5020
プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのか分からない

限定承認とは

限定承認とは

限定承認とは、被相続人(亡くなった方)の財産のうち、不動産や預貯金などのプラスの財産を責任の限度として、借金などのマイナスの財産を引き継ぐことです。

限定承認を行う場合には、相続人全員相続が開始したことを知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所に申し出をする必要があります。限定承認の効果として、被相続人の財産のうち、実家などのプラスの財産の範囲内で、借金などのマイナスの財産を引き継ぐことになります。生まれ育った実家や家宝がある場合に、どうしてもそれを手放したくない場合には限定承認をご検討ください。
 

限定承認を検討すべきケース

  • プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いのか、現時点で分からない
  • 実家など、特定の財産をどうしても手放したくない
  • 被相続人(亡くなった方)の借金を肩代わりはしたくはないが、遺産で支払える範囲内で借金を返済し、義理を果たしたい
  • 相続人全員の協力が得られる

限定承認のメリット・デメリット

限定承認のメリット

実家など、特定の財産だけを相続することができる

遺産で支払える範囲で借金を返済すれば足りるので、借金を肩代わりしないで済む

限定承認のデメリット

被相続人(亡くなった方)がすべての相続財産を相続人に時価で譲渡したものとみなされ、譲渡所得税が課税されてしまう。

限定承認は相続人全員でやらなければならない。

手続きが複雑で、時間がかかる。

 

限定承認と相続放棄の比較

サービスのご案内

相続手続き一式代行
サービス

不動産の名義変更
サービス

遺言書の作成
サポート

相続のお役立ち情報

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

046-292-5020
営業時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日(但し、事前にご予約いただければご相談いただけます。)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

046-292-5020

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。